バスケットボールを楽しもう

バスケットボールのポジション

バスケットボールはチームスポーツであり、コートに立つ5人の選手は勝手気ままにプレーしているのではなく、自身のポジションに求められる動きをすることでチームとして機能してます。バスケットボールには、大別して5つのポジションがあります。
チームの司令塔となるのがポイントガードです。ボールを相手陣地に運ぶ役割を担うため、ドリブルやパス能力が必要とされます。どのように得点を取るかを状況によって判断するポジションなので、コート内の監督と表現されることもあります。
同じようにボールを運び、さらに得点も狙うのがシューティングガードです。主にスリーポイントシュートを狙い、時にはドリブルでゴー近くまで切り込むなど攻撃のアクセントとなる存在です。
チームの得点源となるのがスモールフォワードです。遠い位置からのシュートやドライブなど攻撃の中心を担います。
よりゴールに近い位置でプレーするのがパワーフォワードです。ゴール下が仕事場となり、得点とリバウンドが期待されるポジションです。
そして、最もゴールに近い位置に陣取るのがセンターです。チームで最も身長が高い選手が務めることが多く、自身が得点を狙うだけでなくポストプレイで攻撃の幅を広げます。
バスケットボールは、ポジションごとの役割を知っているとより楽しめるのです。

バスケットボール試合中の接触

バスケットボールでは、コート上の選手が接触することをパーソナルファウルと言います。
シュートをする動作中に対してパーソナルファウルをすると、接触されたプレーヤーはフリースローの権利が与えられます。
接触がありながらもシュートしてゴールした時は、加点されさらにフリースローができます。
ゴールできなかった時は2回フリースローが認められます。
ポイントエリアでのパーソナルファウルは、ゴールすれば3点とフリースロー1回、外れると3本フリースローを打てます。
シュート以外では、接触した場所に最も近いサイドラインやエンドラインからスローインを行って、ゲームが再開します。
バスケットボールでは、それぞれの接触に対して専門の呼び方があります。
押す行為はプッシングです。
手だけでなく腹部や肩を使って無理やりプレーヤーを押すことも含まれます。
イーガルスクリーンは、正しくないスクリーンをすることです。
例えば、スクリーンをかけて両足を床につけずに動いたり、上半身を使ってプレーヤーの動きを妨害したりすることです。
プレーヤーは5回パーソナルファウルを行うことは禁止されています。
5回目は他のプレーヤーに交代して。
二度と試合には出られません。

注目サイト

新年会、忘年会などの宴会にもご利用ください。

大宮 個室居酒屋

やさしく思いやりのある医療サービスを提供します。

産婦人科 豊中

高校留学はニュージーランドへ!安心サポート

ニュージーランド 高校留学

外国語人材の派遣・紹介まで幅広く多言語ビジネスを支援する翻訳会社

翻訳会社

富士登山バスツアー、富士登山ツアーをご案内します!

富士登山ツアー

様々な健康食品・サプリメントの情報を紹介をしています

みんなの健康食品・サプリメント百科

結婚式の振袖をレンタルする振袖レンタルの専門サイト

結婚式 着物

「バイアグラ(baiagura)」の正規品を100%保証致します

バイアグラ

2016/9/23 更新